援助交際が成立するにはどんなことが必要なのでしょうか?

人気№1
SWEET LINE
>>SWEET LINEの詳細はこちら
人気№2
FirstMail
>>FirstMailの詳細はこちら
人気№3
家出@伝言板
>>家出@伝言板の詳細はこちら

援助交際は言葉は違っても売春と中身は何も変わりません。

しかし、売春というと女子高生の間で抵抗感が生まれるかもしれません。

そのため春(身体)を売る行為ではなく、まるで人助けの行為のように援助こうさいを言うようになったのです。

まぁ言葉が変わってもやることは何も変わりませんが、ニュアンスの問題なのでしょう。
black
そして援助交際が成立するために一番必要なものは性欲です。

性欲は人間の三大欲求のうちの1つですからなくなる事はありません。

ソープランドのように合法的な施設はありますが、ソープランドは本番はNGですよね(隠れてしている施設もありますが・・・)

そのため数万円で若い女の子とセックス出来る手軽さがウケて援助こうさいは人気です。

強姦は犯罪だ、強姦をするのは抵抗があるという男性は多いでしょうが、援助交際なら和姦でお金を出して相手も納得しているんだから何も悪い事ではないと罪の意識は感じないでしょう。

確かに人間をお金で買うという行為自体は奴隷の時代となんら変わりませんから、援助こうさいに嫌悪感をもつ人もいるでしょうが、この援助交際の賛成派と反対派の意見が一致することはないでしょう。

援助こうさいは犯罪なので賛成派が堂々と賛成と言う事も出来ないので話し合いは難しいのですが、それでも援助交際がなくなり、強姦が極端に増えたら反対派も認めざるおえない状況になりそうな気もしますね。

お金があれば誰でもセックスが出来るようになるのは、ある意味平等的だとも思いませんか?

通信機器が若年層を援交へと向かわせる元凶なのか?

携帯電話やスマートフォンなどの通信機器の発達し、大人だけでなく若年層への普及は社会を便利にしてくれました。

営業マンなどはお客を逃がすことなく、リアルタイムでの仕事も可能ですし、居場所が確定できる携帯電話は、現在社会でも手放せないものになりました。

また、携帯電話の普及に一役買ったのが、女子高生たちを中心とする10代の子たち。

手軽に簡単に連絡が取れるツールとして、すぐに広がり、その広さは日本全国に及びます。

そんな中で援交も大きく広がりを見せてくれました。

犯罪行為である援助こうさいですが、メールなどを利用して、隠語を使うことで、誰にもバレずに、こそこそと援交を行うことができるようになったり、サイトの吹き有で簡単に登録、メールでの連絡なども簡単になりました。

以前は、援助交際の秘密の電話番号入手だけでも大変だったようですが、今では私にメールをくださいというような簡単なメッセージでいとも簡単に援助交際ができるようになったと言います。

これも携帯電話の普及と実は援助交際の主役たちである女子高生たちのおかげです。

援助交際が犯罪行為に抵触すると思っていながら、ここまではっきり言い切ることができるのには、理由があります。

実際に逮捕されている年齢をみると、女子高生が多いこと。

逮捕されただけでその人数ですから、地下に埋没している援助交際の網は果てしなくあると思いますし、女子高生がいるのは当然のことでしょう。

未成年でなくとも、援助交際を誘うような事柄が公になると、その時点で逮捕されます。

携帯電話のサイト、警察もチェックしていますから、気をつけるに越したことはないです。
back

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ